×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

越後湯沢 Active&Relax トップへ越後湯沢の日帰り温泉施設 山の湯
日帰り温泉 イメージ
Home > 越後湯沢温泉 >日帰り温泉一覧 > 山の湯

日帰り温泉施設 山の湯

山の湯

山の湯山の湯(通称 やまんぼちゃ) 泉質:単純硫黄温泉
古くから地元民に愛されていた越後湯沢温泉 湯元の共同浴場です。
やまんぼちゃとは、湯沢・魚沼地方の方言で、やまん(山の)ぼちゃ(風呂)という意味です。
カランはありますが、シャワーはついていません。
シルバー製品は変色しますので、湯につけないようご注意ください。

利用料金、営業時間、定休日
〒949-6101 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢930
TEL 025-784-2246


山の湯 エントランス休憩処

こんな楽しみ方

諏訪社の大杉小説雪国の世界を楽しむ。
山の湯に入る前に、軽い散策がてら諏訪社(山の湯より車1〜2分、徒歩約5分)に行ってみてはいかがでしょうか? 

この諏訪社には川端康成の小説雪国のなかで「恐ろしい神の武器のよう」と形容された樹齢約400年の湯沢町指定記念物の大杉があります。その大杉の根元には平らな岩があり小説雪国の中で、駒子が岩に腰を下ろし島村と語り合ったというエピソードがあります。

駒子が島村を想い駆け上った「笹の道」を歩いて山の湯まで行き、川端康成も浸かったといわれる山の湯に入りながら「小説雪国」に思いを馳せ、湯上りには川端康成が小説‘雪国’を執筆した 雪国の宿 高半(山の湯より徒歩3分)かすみの間の見学をするのもお薦めです(500円)。

更に雪国情緒を楽しみたい方は、越後湯沢温泉街にある湯沢町歴史民俗資料館(雪国館)へどうぞ。(高半より車3分、徒歩15分ほど)川端康成の遺品・遺稿や日本画家による絵画、雪国の世界を楽しめます。

山の湯周辺マップ



日帰り温泉一覧

山の湯

山の湯
山の湯イマココ
泉質:単純硫黄温泉
温泉街に古くからある共同浴場

駒子の湯

駒子の湯
駒子の湯

泉質:ナトリウムカルシウム塩化物温泉
温泉街に新しくできた町営温泉

岩の湯

岩の湯
岩の湯

泉質:アルカリ性単純温泉
湯沢フィッシングパーク近く

街道の湯

街道の湯
街道の湯

泉質:単純温泉
みつまたかぐらスキー場近く

宿場の湯

宿場の湯
宿場の湯

泉質:単純温泉
田代スキー場近く

コマクサの湯

コマクサの湯
コマクサの湯

泉質:ナトリウムカルシウム塩化物温泉
湯沢高原ロープウェー山麓駅の中

酒風呂 湯の沢

酒風呂 湯の沢
酒風呂 湯の沢

泉質:ナトリウムカルシウム塩化物温泉
越後湯沢駅構内のぽんしゅ館の温泉

江神共同浴場

江神共同浴場
江神共同浴場

泉質:ナトリウムカルシウム塩化物温泉
越後湯沢駅東口商店街の温泉

湯ささの湯

雪ささの湯
雪ささの湯

泉質:カルシウム・ナトリウム−塩化物・硫酸塩温泉 苗場スキー場近く


Copyright © 2007〜 越後湯沢Active&Relax All Rights Reserved.