×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

越後湯沢 Active&Relax トップへ温泉でのマナー
温泉でのマナー メインイメージ
Home > 越後湯沢温泉 >マナー

温泉での知っておきたいマナー

意外に見かける温泉でのNG集

『当たり前!?』と思いつつ、案外見かけるマナー違反。思い当たることはありませんか?
スマートな温泉達人への道は、こんなところから。

滝の湯温泉にバスタオルつけて入らない!水着を着て入らない。
※水着着用スパもありますが、基本的には『タオルを湯船に入れないでください。』というのが施設の見解としては多いです。
最近では『湯あみ(温泉に入るときに着用する衣服)』をレンタルする施設も。
『術後が気になってみんなと温泉はちょっと』という方や『人前で裸になるのが抵抗あって日本にいっても温泉に入らない』という海外からの方に対して積極的に湯あみ着をご案内するところもありますので、こちらに関しては各温泉施設に直接ご確認ください。
※TV、雑誌等で(このサイト内でも)女性がバスタオルを巻いたまま浴槽に入っていますが撮影用に許可をとっています。ご了承ください。

浴槽に入る前に、きちんとかけ湯をして汚れを落としてから浴槽へ。

入浴前にトイレは済ましておく。

浴室内で、髪染め、歯磨き、洗濯をしない。

脱衣場に赤ちゃんのオムツ(使用済)を置いて帰らない。
ベビーベッド脇にオムツ専用の密閉ゴミ箱がある場所以外はオムツは持って帰りましょう。

酔っ払って入らない。
人の迷惑にもなりますし一危険です。酔いがさめてから入りましょう。

長い髪はまとめる。温泉につけない。

シャワーを利用する際、上がり湯をする場合は周りに人が居ないか確かめてから。

浴槽に飛び込まない、泳がない。

浴室から出るときは体をよく拭いてから。


本陣 雪見露天たくさん、NGを書きました。
でも多数の人が入浴する共同浴場では、みんなが気持ちよく入る為にいくつかのマナーがあります。
思い当たることはありませんでしたか? 

あまり気を使って
『○○してはいけない!』
『○○してもいけない!』と思うとせっかくの温泉もゆっくり楽しめませんが、上記にかいたようなことは通常みなさんがご自宅での入浴の際も行なっていることだと思います。

みなさんが楽しく快適に温泉に入れることを願っています。


歴史や泉質など

越後湯沢温泉の泉質歴史、泉質のページ
越後湯沢温泉の歴史や泉質
温泉の効能と効果、気をつけること

ホテルの日帰り温泉プラン

ホテル、旅館の日帰り入浴ホテルの日帰り温泉プラン
温泉旅館やホテルの日帰り温泉プラン
ネットから予約できる日帰りプラン

日帰り温泉施設

湯沢の日帰り温泉施設
日帰り温泉施設

気軽に入れる温泉施設
町営の日帰り温泉や共同浴場

温泉の上手な入浴法

温泉の上手な入浴法
温泉の上手な入浴法

温泉をより安全に効果的に楽しむために

温泉でのマナー

温泉でのマナー
温泉でのマナーページイマココ
知っておきたい温泉でのマナー

気軽に入れる足湯

気軽に入れる足湯
足湯のページ

越後湯沢にある足湯のご紹介

越後湯沢温泉街を歩く

越後湯沢温泉街温泉街のページ
越後湯沢温泉街を歩く
射的、マッサージ、散策など

化粧水 温泉珈琲

温泉コーヒー化粧水 温泉珈琲
飲む温泉や温泉珈琲、かき氷
温泉から作った化粧水

越後湯沢温泉の宿

越後湯沢の宿越後湯沢の宿
越後湯沢の温泉旅館やリゾートホテルを温泉街の宿を中心にご案内


Copyright © 2007〜 越後湯沢Active&Relax All Rights Reserved.